国内ドラマ/レビュー

朝ドラ「ちむどんどん」感想レビュー|黒島結菜が故郷沖縄から料理人をめざす!?無料視聴できる動画配信サービスを解説

ちむどんどん
悩む人

・ドラマ「ちむどんどん」を1話から観たい

・ドラマ「ちむどんどん」を無料視聴できる方法はある?

・ドラマ「ちむどんどん」を動画配信サービスで観る方法が知りたい

ドラマ「ちむどんどん」は放送後、NHKオンデマンドで1話から最新話まで見逃し配信されています。

NHKオンデマンドは、U-NEXT経由で無料お試しを利用するとポイントが付いていますので、朝ドラ「ちむどんどん」を全話視聴したい方は、U-NEXT経由での視聴をおすすめします。

日本最大級のビデオオンデマンド

動画を見るならU-NEXT

朝ドラ「カムカムエブリバディ」が終わり、いよいよ2022年4月11日(月)から朝ドラ「ちむどんどん」がスタートしました。

沖縄本土復帰50年を記念して放送されるドラマの舞台は、沖縄本島北部やんばる地域で暮らす比嘉家を中心とする物語です。

比嘉家は、優しい父・賢三と明るい母・優子の間に、自由奔放な賢秀(14歳)・優等生の良子(13歳)・食べることが大好きなヒロイン暢子(10歳)・歌をこよなく愛する歌子(8歳)の6人家族で、さとうきび畑などを営み決して裕福ではないが幸せに暮らしていました。

暢子は幼いころから食べることが大好きな少女。ふるさとの沖縄料理に夢をかけた暢子とそれを支える家族の50年の歩みを追いかける笑顔と感動の家族物語です。

放送日2022年4月11日(月)スタート
放送時間 月曜~土曜
あさ8時~8時15分
話数全120話(予定)
制作会社NHK
監督松園武大 中野亮平
キャスト比嘉暢子|黒島結菜
比嘉優子|仲間由紀恵
比嘉賢三|大森南朋
比嘉賢秀|竜星涼
比嘉良子|川口春奈
比嘉歌子|上白石萌歌
青柳和彦|宮沢氷魚
石川博夫|山田裕貴
砂川智|前田公輝
前田善一|山路和弘
前田早苗|高田夏帆
下地響子|片桐はいり
比嘉賢吉|石丸謙二郎
喜納金吾|渡辺大知
新垣のおばぁ|きゃんひとみ
安室のおばぁ|あめくみちこ
サンセットバーガーのマスター|川田広樹 
青柳史彦|戸次重幸
矢作和洋|井之脇海
大野愛|飯豊まりえ
猪野清恵|佐津川愛美
田良島甚内|山中崇
平良三郎|片岡鶴太郎
平良多江|長野里美
猪野寛大|中原丈雄
大城房子|原田美枝子
二ツ橋幸二|高嶋政伸
演出川村泰祐(アンドリーム) 金澤友也(テレパック) 野田健太(テレパック)
主題歌三浦大知「燦燦」
公式サイトちむどんどん公式サイト

主題歌-三浦大知/燦燦

主題歌は三浦大知さんが歌ってくれています。とてもとても綺麗な歌声が朝から聴けるのって気持ちがいいですよね。

三浦さんご自身も沖縄出身ということもあるので故郷を思い出しながら歌っていらっしゃるのでしょうか。緩やかな曲調が沖縄にとても合っていると個人的に感じています。

引用元:Daichi Miura公式

無料動画ー配信状況

ここでは、無料で朝ドラ「ちむどんどん」が視聴できる配信サービスを紹介しています。

ただし、無料視聴できるのは期間限定になってるので早めに視聴してください。

配信サービス配信状況公式サイトへ
NHKプラス
NHKプラス
 期間限定公式サイトへ
TVer
TVer
 配信なし公式サイトへ
GYAO!
GYAO!
 配信なし公式サイトへ
YouTube

YouTube
 公式サイトへ
テレ朝動画
テレ朝動画
 配信なし公式サイトへ
※2022年4月時点の情報です

動画配信サービス(VOD)ー配信状況

ここでは、月額料金を支払うことでコンテンツ見放題またはポイント購入で視聴できる動画配信サービス(VOD)を紹介しています。

配信サービス配信状況無料期間と
月額ポイント
U-NEXT
U-NEXT
 
配信中
今すぐ視聴
Paravi
Paravi
 
配信なし
お試し登録
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオ
 
配信なし
お試し登録
WOWOW

WOWOW
 
配信なし
お試し登録
hulu

hulu

 
配信なし
お試し登録
FODプレミアム
FODプレミアム
 
配信なし
お試し登録
ABEMAプラミアム
Abemaプレミアム
 
配信なし
お試し登録
TELASA
TELASA
 
配信なし
お試し登録
dアニメストア
dアニメストア
 
配信なし
お試し登録
クランクイン
クランクイン
 
配信なし
お試し登録
music.jp
msic.jp
 
配信なし
お試し登録
Netfix
Netfix
 
配信なし
視聴登録
※無料お試し期間はございません
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA DISCAS
 
配信なし
お試し登録
WATCHA
WATCHA
 
配信なし
お試し登録
ひかりTV
ひかりTV
 
配信なし
お試し登録
※2022年4月時点の情報です

動画配信サービス(VOD)の配信状況で分かるように、ドラマ「ちむどんどん」を1話から最新話まで視聴するなら、U-NEXTしかないようです。

U-NEXTには31日間の無料お試し期間が設定されているので、無料期間中にドラマ「知むどんどん」を最新話まで視聴できてしまいます。

\日本最大級のビデオオンデマンド

動画を見るならU-NEXT

ドラマ「ちむどんどん」全週あらすじ・感想レビュー

1964年、沖縄本島北部やんばる地域。小学生の比嘉暢子(稲垣来泉)はおいしいものが大好き。ある日、転校生・青柳和彦(田中奏生)がやってくる。暢子にとって、初めて見る東京の人だった。母・優子(仲間由紀恵)と父・賢三(大森南朋)もともに、和彦の父・史彦(戸次重幸)と家族どうしの付き合いが始まるが、肝心の和彦はやんばるでの暮らしが楽しくなさそう。暢子は何とか和彦の心を開かせようと試みるが…。

引用元:ちむどんどん(NHK公式サイト)

ここからは、ドラマ「ちむどんどん」のあらすじと一緒に独断と偏見による感想レビューを記事にしていきます。

比嘉家の一人ひとりがどのように成長していくのかとても楽しみです。それぞれが夢に向かってどんな人生を歩んでいくのでしょうか。

比嘉家の50年の歩みに独断と偏見で感想レビューしていきます。

※吹き出しで使用している画像引用元は公式HPから

#01週「シークワーサーの少女」あらすじ・感想レビュー

沖縄県北部やんばる地域で暮らす比嘉家は、優しい父・比嘉賢三(大森南朋)と明るい母・優子(仲間由紀恵)、長男・賢秀(竜星涼)、長女・良子(川口春奈)、ヒロインの次女・暢子(黒島結菜)、三女・歌子(上白石萌歌)の6人家族です。

暢子はおてんばで食べることが大好きな女の子。学校では女らしくないと言われてしまっていることを気にしている。

比嘉暢子

うちは 世界中のおいしいものを全部食べたい

比嘉賢三

まくとぅそーけー、なんくるないさ

長男の賢秀は豚の世話だけは一生懸命やる陽気な男の子、長女の良子は真面目で学校の先生になる夢を持つ女の子、三女の歌子は体が弱くて歌が好きな女の子。

ある日、東京から青柳和彦(田中奏生)が引っ越してきた。これから比嘉家は青柳家と家族同士の付き合いの中でさまざまな物語が始まっていく。

比嘉賢秀

ヤマトンチュ―見たよ

靴下はいてた

 和彦は沖縄に来たこと後悔していて、いつもつまらないような顔をしていた。

青柳和彦

やっぱり沖縄なんかに来るんじゃなかった

暢子は東京のおいしい食べ物の話を和彦から聞きたくていつも話しかけている。和彦を山に誘った暢子は和彦を助けた拍子にケガをしてしまい、嵐の中小屋で休んでいると賢三と史彦(戸次重幸)が探しにきてくれた。比嘉家は暢子を助けてくれたお礼に青柳家を食事に招待した。

比嘉暢子

うちが作ったそば

最後の味付けはうちがやったのに

青柳和彦

今まで食べた そばの中で1番おいしい!

青柳史彦

関東のしょうゆ風味と全く違う

やや太めのねじれ麺。いや、出汁の味わいがすごく深い

これは うまい!

賢秀に黙って豚のアババを潰してしまった賢三。みんながおいしく食べている途中にそれが分かってしまい、みんなに食べるのを止めさせようとする賢秀。いつかこんな日が来るとは分かっていたが、こんなに早く来ると思っていなかった。

比嘉賢三

生きているものは、ほかの生き物 植物や動物を食べないと生きていけない

「頂きます」とは「命を頂くこと」

だから きちんと感謝しながらきれいに食べてあげる 

月日が流れて和彦はやんばる地域のみんなとも仲良くなり始める。そんなとき史彦は比嘉家を那覇のレストランに連れていってくれ、暢子は初めてレストランで食事をする。初めて食べる料理ばかりで暢子はちむどんどんしている。

楽しく暮らす比嘉家に突然不幸な出来事が起きる。ウージ畑(サトウキビ畑)で働いている賢三が心臓発作で倒れてしまう。学校へ連絡がいき、暢子たち兄妹4人は急いで家まで全力で走って帰る。

のりまき

「シークワーサーの少女」感想

沖縄の魅力がたくさん詰まっている映像が流れてきて「ちむどんどん」したー!

お父さんが暢子に伝えた言葉が印象的だった。

「自分の信じた道を行け。まくとぅそーけー、なんくるないさ。正しいと信じて筋を通せば答えは必ず見つかるからよ」

めちゃくちゃ良き言葉!父親として我が子に送りたい言葉です。

本土の人は「ヤマトンチュ」って呼ばれていたんだね。沖縄の方言ってちょっと気になる。

このタイトルの「ちむどんどん」も方言➡心がドキドキするって意味らしいね。

暢子が毎日豆腐を取りに行っている沖縄の「島豆腐」映像で流れているだけでもめちゃくちゃ美味しそう。ゴウヤチャンプル食べたくなっちゃった。それともう一つ、沖縄のソウルフード「沖縄そば」初めて食べたときの味が忘れられなくて、それから沖縄そばが大好きになったなぁ。

今ではデミグラスハンバーグは当たり前のように食べることができるけど、この時代ではごちそうofごちそうにだったんだろうね。

これからも美味しい沖縄料理が出てくるの楽しみです!

#02週「別れの沖縄そば」あらすじ・感想レビュー

突然の賢三(大森南朋)の死に家族みんなが悲しむ。賢三は亡くなる直前、家族に一言ずつ言い残していった。

比嘉賢三

賢秀…お母ちゃんとみんなを頼むよ

良子…頑張って立派な先生に先生になれな

暢子…うん

歌子…幸せになれよ

優子…ありがとう

暢子は賢三から何も言われなくて悲しんでいる。そんな暢子に良子が声をかけた。暢子は、賢三から掛けられた言葉を思い出し元気を取り戻す。

比嘉良子

そのままでいいと思ったから

暢子は暢子のままでいい

そう思ったから何も言わなかったと思うよ

比嘉賢三

暢子は暢子のままで上等

自分の信じた道を行け!

500ドルもの借金がある比嘉家はお金を稼がないと生活ができなくなってしまうほど苦しい状況にまで追い込まれてしまう。優子は新しく工事現場での賄の仕事に通うことになる。子供たちもみんな今までより早起きをして、豚の世話、畑仕事、まき拾い、洗濯などの仕事を分担する。

比嘉優子

働きます

力を貸してください

この家だけは…どんな仕事でもします

運動会に向けて練習している子供たち。ボロボロになったズックが欲しい賢秀と新しい体操着が欲しい良子。学校では貧しいことを理由に周りからからかわれてしまうが、明るく負けず嫌いの性格を持つ賢秀は運動会の走りで見返してやると意気込む。見事に1位を取った賢秀は喜び、その活躍で運動会は大盛り上がりとなり、そのままお祭り騒ぎとなる。

比嘉賢秀

俺はアベベだー

借金がある比嘉家は働いている優子までもが倒れてしまい、これからどうやって生活するか悩んでいると、東京から1通の手紙が届いた。手紙の内容は、賢三の叔母の家で子供を1人引き取ってくれるという内容だった。

誰が東京へ行くのか…子供たちは東京に興味はあるが家族と離れ離れになるのは寂しくて決心ができない。しかし、暢子は家族のことを考えて自分が東京に行くことを1人決心する。

比嘉暢子

うちが東京へ行く!

いよいよ暢子が東京へ行く日がきた。最後に暢子が作る沖縄そばを家族全員で食べて別れを惜しむ時間を過ごし、歌子の三線に合わせてみんなで「椰子の実」を謳う。

暢子は東京へ戻る青柳家と一緒にバスに乗り込む。ずっと見送りつづけてくれる家族から目を離すことができないでいると、賢秀・良子・歌子が暢子が乗っているバスを追いかけてきた。

比嘉賢秀

ありえん!

やっぱりありえん!

暢子ー!

とまれー

比嘉良子

暢子ー

行かないでー

暢子ー

比嘉歌子

暢ネーネー

嫌だ行かんでー

家族みんなの愛が暢子の東京行きを引き留めることとなる。青柳家とは別れてしまうが手紙を書く約束をする。

そして7年の時が経ち、ここから暢子たちの新しい物語が始まっていく…。

のりまき

「別れの沖縄そば」の感想

#02からとんでもなく感動する内容が続いて本当に涙が止まりませんでした。

みんなが大好きだった優しい賢三が亡くなってしまったのは本当にショックです。人が亡くなるときにその人がどれだけ愛されていたか分かるんですよね……。賢三は家族みんなに愛されていたとても素敵なお父さんだと思いました。

学校では、比嘉家の貧しさに突っかかってくる嫌なヤツがいたけど、賢秀の明るい性格で決して負けない兄妹たち。比嘉家の兄妹愛は最高だ!高校生を連れて来たときも、家族の悪口を言われ許せない気持ちが抑えられなくなってしまった賢秀と暢子は心がやさしい子たちなんだよね。

家族の生活のためとはいえ、東京へ行きたいと言っていた暢子だけれど、小学生で家族と離れしてまうのって相当な覚悟があり強い心を持っていると感じました。ましてやこの時代です。東京に行ったら一生の別れのような距離ですよね。最終的には家族の愛が引き離すことを許さなかったので、この時は家族が離れなくて良かった。

#03週「悩めるサーターアンダギー」あらすじ・感想レビュー

1971年 沖縄返還協定が結ばれ翌年5月15日に日本に返還されることが決まる。父・賢三(大森南朋)がこの世を去って7年が経過。

暢子は高校3年生になり、相変わらず運動神経抜群で元気な女の子に成長している。来年は就職予定で、名護にある眞境名商事に内定が決まっている。

比嘉暢子

社会人かー どんな生活になるのかね

優子は共同売店で働き、賢秀は高校時代ボクシングとケンカに明け暮れて中退し今では毎日ゴロゴロしている、良子は短大卒業してこの春から村の小学校の先生をやっている、歌子は今年から高校1年生になり相変わらず人見知りの女の子。

比嘉優子

今日は棚卸しがあるから忙しくて

比嘉賢秀

アキサミヨー

比嘉良子

宿題ちゃんとやってきなさいよー

比嘉歌子

元気にしてるかね 海の向こうで

賢秀のケンカが原因で暢子の就職が取り消されるという事件が起きる。賢秀がケンカをした相手が暢子の就職先・眞境名商事の社長の息子だった。暢子は1人で眞境名商事に謝りに行ったのだが「お兄さん本人が正式に謝罪にくるように」と言われてしまう。

暢子は眞境名商事での仕事が思っていたことやりたいことじゃないのかもしれないと考えるようになり悩んでいる。

比嘉暢子

うち 本当にあの会社で働きたいのかな…

良子は学生時代の勉強会仲間とフォークダンスの会に参加するため、給料から可愛い洋服と靴を買って名護にあるハンバーガーショップへ向かう。楽しい夜を過ごした良子は家に帰ると給料を家に入れるが、いつもより少ないことを謝る。優子に本当のことを話した良子は自分の行動を恥ずかしく感じていた。

比嘉良子

うち…恥ずかしい

貧しさを恥じた自分が恥ずかしい

貧しくても心豊かに暮らせば幸せに生きられる

一方、歌子は音楽授業で下地響子(片桐はいり)になぜか目を付けられてしまう。下地響子は目を付けた人物を徹底して指導する一流の音楽指導者という噂がある。

下地響子

次は逃がさないからね

暢子と早苗は、悟が働いているハンバーガーショップでハンバーガーを食べに来ている。しかhし眞境名商事の息子とバッタリ会ってしまう。眞境名秀樹は暢子の身なりを見て酷い言葉を投げてきた。暢子は大好きな優子のことを悪く言われたことに腹が立ち思わず手を出そうとしてしまう。

眞境名英樹

どうせ 玉の輿目当てだろ

お前の代わりくらい いくらでもいるんだからな!

暢子は自分の意思で眞境名商事の内定を断ったのだが、今の自分にもやもやーしている。何か心を燃やせるような打ち込める一生懸命になれるものを見つけたいと思っている。しかしそれが何かが分からないでいる…。

比嘉暢子

みんな 自分のやりたいことが分かってる

でも うちだけ何もない…

優子はそんな暢子を理解してあげて優しく抱きしめてあげた。沖縄が本土復帰という大きな時代の変わり目を迎えたころ比嘉家の子供たちは傷つきながらもそれぞれが成長していく。

のりまき

「悩めるサーターアンダギー」の感想

学生が終わり、社会人になるときには色んな不安があるよね。

暢子のように「本当にこの会社で良かったのかな」って思っている学生や新入社員ってたくさんいるんじゃないかな。

これが正解っていうのがないから、みんな悩むんだよね。これで幸せになれるのかな?って考えちゃう。でもそんな時は良子の言葉を思い出して欲しい

「心豊かに暮らせば幸せに生きられる」

賢秀もお母さんが苦労しているのは理解している。でも、きっと暢子と同じで自分が何をやればいいのか、何をやりたいのかが分からないんだろうね。だからがむしゃらに働いてみたんじゃないかと思うんだ。

優子の子供への愛情って、親が本来持たなくてはいけない子供への愛情な気がする。子供の行動にイライラする親がたくさんいる中で、優子はいつだって子供たちを信じている。簡単にできることではないけど、絶対に見習わないといけないことだよ。

第3週の「悩めるサーターアンダギー」は生きていくのに大事なことを教わったよ。

#04週「青春ナポリタン」あらすじ・感想レビュー

眞境名商事の就職を断った暢子は何をやりたかのか悩んでいたが、早苗と約束した『北部産業まつり』のヤング大会の助っ人はやると決める。

比嘉暢子

料理部の助っ人はやる

約束したし、筋通さんし!

そこで暢子がメニューとして提案したのが、父・賢三直伝の『やんばるそば』。料理部のみんなと力を合わせてもっとおいしくしていこうと気合いを入れる。

前田早苗

今年のヤング大会は暢子の『やんばるそば』で勝負!

暢子が料理部の助っ人をやると決めてから普段の元気いっぱいになった姿をみて優子は誘ってくれた早苗に感謝をしている。これで就職も決まればもっと嬉しいが、こればかりは何もしてやれない。

前田善一

『親』という字は、木の上に立って見ると書くからね

一方、賢秀は我那覇という怪しい男から儲け話を持ち寄られている。ドルから円へ変換するのをきっかけにお金を倍にしてやると。1,000ドルを預けてくれれば2,000ドルにして返すと誘惑される。

比嘉賢秀

このチャンスを逃したら、ずーと貧乏だぞ?

それでもいいのか?

賢秀は騙されているとも知らず、家族のことを思い集めた960ドルを我那覇に渡してしまった。そんなことになっているとは知らない暢子は『北部産業まつり』の当日、開店準備に追われていたのだが、鍋に火をかけ忘れていた…。

しかし、そんなことで暢子は慌てない。南高校が出品しているケーキをもらい食べているではないか。

屋良ひとみ

偵察?

比嘉暢子

1つもらってもいい?

おいしそうだから、おいしいものは食べてみないと!

暢子たちもようやく汁が温まり開店することになる。開店して直ぐに山原高校のお店の前には行列ができる。暢子は知らない人に食べてもらうのが楽しさを感じている。お客さんも順調に増えているときに、裏で役員たちがとんでもないことを言い出す…。

さらに問題が起き、『やんばるそば』の汁を足そうとした際、全ての汁をこぼしてしまった…。暢子はシークワーサーをかじると集中できる?のかは分からないが、麺と具材だけで作れる料理を考える。するとナポリタンのアイデアが降りてきた。

比嘉暢子

麵はあるけど、汁がない…

…はっ!?

これ!

引用元:NHK公式

『やんばるそば』に続き『やんばるナポリタン』を売ることになった暢子たちは、ここから巻き返し、南高校を抜いて見事に優勝を果たした。

暢子はやりたいことが分からないまま、助っ人として参加した『北部産業まつり』だったが、自分がつくった料理を「おいしい!」と言ってくれる人の声が嬉しくてたまらないと感じている自分がいることに気が付く。

すると暢子は、これから自分が何をやりたいのか見つけることができた。

比嘉暢子

うちはレストレランで働きたい!

東京に行って料理人になりたい、コックさんになりたい!

やりたいこと 見つかりました。

たった今、見つかりました!

北部産業まつりに来ていた賢秀は、良子に付きまとっている喜納金吾から耳を疑うような話を聞く。

喜納金吾のお父さんが運営している、製糖工場に「今なら特別レートで円とドルを交換できるとか話を持ち出して…警察が調べたら前科者の詐欺師!」

比嘉賢秀

まさかやー

俺の話は詐欺じゃない

ちゃんと預り書もある

喜納金吾

我・那・覇

こいつさー、オヤジの工場に来た詐欺師!!

賢秀は初めて自分がやった重大な間違いに気が付いたが既に遅し…。暢子がこれから旅立とうとしているときに比嘉家にとんでもないことが起きてしまった…。

のりまき

「青春ナポリタン」の感想

ヤング大会に参加した暢子たちは、いくつもの困難を乗り越えて優勝できて本当に良かったです。

小学校5年生から比嘉家の料理担当を任されていた実力は本物です。書き溜めてきた『おいしいものノート』が役に立ちましたね。

ローマは一日にしてならず

とは、まさにこのことじゃないでしょうか。暢子の料理に対する情熱が成功、勝利へと導いたと言えますね。

賢秀が詐欺師に騙されてしまったことで比嘉家はどうなってしまうのか心配です。

母・優子の子供たちを1mmも疑うことがない優しい心が裏目に出てしまったというのでしょうか。でも、僕は親としての優子は尊敬しています!

#05週「フーチャンプルーの涙」あらすじ・感想レビュー

賢秀(竜星涼)は、自分が詐欺師に騙されたかもしれない不安を抱えながら、我那覇との待ち合わせ場所であるハンバーガーショップへ足を運ぶが、我那覇はいつまで待っても来ることはなかった……。お酒に酔った賢秀は、そのまま店で暴れてしまい店をグチャグチャにしてしまう。

比嘉賢秀

我那覇さん何で来ないわけ!!

昼までには絶対来るって言ったのに……

そんな比嘉家に追い打ちをかけるかのように、賢秀が暴れた日にハンバーガーショップにいた歌子の音楽教師・下地響子(片桐はいり)は、足をねん挫したことで賢秀を訴えると言い出した。

下地響子

絶対に訴えます!!

音楽を愛する全ての人への冒涜です。

何としてもそれだけは止めさせようと、優子たちは下地響子を説得する。すると下地はある交換条件を言い出した。それは、歌子の魂の歌を聞かせること。

下地響子

歌子!今ここであなたが歌ったら今回のことは水に流します。

ただし、中途半端な歌ではダメ!

どれだけ失敗してもいい。あなたの魂の歌を聞かせて。

賢秀は、暢子を東京に行かせてあげられない責任を感じ家を出て行ってしまった。優子と良子(川口春奈)は、どうしても暢子を東京に行かせてあげたいという思いから叔父と叔母を説得するが、許してもらうことができない。

そんな矢先、比嘉家にとんでもない吉報が届く。家を出て行った賢秀が、東京でプロボクサーになりデビュー戦をKOで勝利したという。その賢秀から十分に借金を返せるだけのお金が送られてきた。

比嘉暢子

信じられない!

本当に沖縄の一番星になったわけ。

学校では、下地響子が石垣島の学校へ行くことになる。下地響子は期待を込めて歌子へ思いを伝えようとする。

下地響子

あなたは……いつでも、どこでも、どうなっても歌うことを止めてはいけません。

どんな歌でもいい。

あなたがその時歌いたい歌でいい。

あなたは歌い続ける。聞く人がたった一人でも。聞いているのが森と虫たちだったとしても!

それがあなたの人生。

暢子が東京へ行くまでの時間を家族みんなで楽しく過ごした。そして優子は、大事に持っていた父・賢三(大森南朋)が使っていたあの包丁を暢子へ託す。

比嘉優子

持っていきなさい。

比嘉暢子

いいの……?

そして、1972.5.15。

ついに暢子が東京へ出発する日がきた。バス停ではあの日と同じようにバスを待つ。暢子はこれまで育ててくれたことへの気持ち優子へ伝える。そして良子、歌子も暢子との辛い別れを押し殺しながら見送った。

比嘉暢子

お母ちゃん……

今までたくさん……ごめんね。

比嘉良子

歌子が言った通りだったね。

あの日から、ずっと幸せだったねー。

比嘉歌子

うちもずーと思ってた…

あー幸せだなぁって。

比嘉優子

暢子。

18年間ありがとうね……

さぁ、海の向こうへ旅立った暢子の新たな物語がここから始まります。

比嘉暢子

いっってきまーす!

のりまき

やっぱり良い話には裏があるのは、どの時代も同じってことで気を付けたいと思いましたね。比嘉家は大変な思いばっかりしているから、早くみんなが幸せになって欲しいっていう思いが強くなります。

そして今回は、その窮地を救ってくれたのが音楽大好きな歌子なんですよね。歌子の才能を開花させるのは、ちょっとインパクトが強い下地響子先生。本当に音楽と子供が好きって感じで、下地先生のような教師に出会える生徒は幸せだなぁ。

第6週「はじまりのゴーヤチャンプルー」あらすじ・感想

暢子(黒島結菜)は、ついに沖縄の山原村から出て東京へ上京してきた。東京に着くとさっそく前田早苗(高田夏帆)と会うとさっそくイタリアレストラン『アッラ・フォンターナ』で食事をする。

出てくる料理ひとつ一つが美味しくてちむどんどんしている暢子。

比嘉暢子

まさかやー!どんな料理か全然分からん。

レストランで食事を終えた暢子は、兄・賢秀(竜星涼)を頼りに賢秀が通っているボクシングジムを訪れるが……とんでもない事実を聞かされる。

鶴見で途方に暮れる暢子の耳に懐かしい音楽が聞こえてくる。それは父・賢三(大森南朋)が歌っていた歌だった。思わず音楽が聞こえる家の前まで足が進む。

比嘉暢子

平良⁉

沖縄の名前???

平良三郎(片岡鶴太郎)は、沖縄2世で生まれも育ちも横浜鶴見。今は鶴見沖縄県人会の会長を務めているという。

平良三郎

親が沖縄から出稼ぎに来て、

俺たちはこっちで生まれた沖縄二世。

沖縄には住んだこともねぇし、島言葉もしゃべれねぇ。

平良多江

だからこの家には、

あなたみたいな方がしょっちゅう

もう色んな相談しに来るの。

まさかの偶然が起き、平良の紹介で、初日に早苗と食事をしたレストラン『アッラ・フォンターナ』に料理人として働くための紹介状を書いてもらい、いざレストランのオーナーと会うことになる。

すると、オーナーは暢子がどれほどの料理の腕前なのかテストをすると言う。

大城オーナー

一応、テストはしてみる。

比嘉暢子

テスト?

テスト??

最初に作る料理はサラダ。暢子は制限時間内の10分を使うことなくあっさりと食材とオリーブオイルを活かしたして合格をもらう。

アイコン名を入力

このオリーブオイルは香りも味わいもさわやか。

その個性を生かした味わいができてます。

サラダの合格をもらい安心した暢子だったが、次の料理を作るよう命じられる。

二ツ橋光二

得意料理を作ってください。

ここある材料で作れれば何を作ってもかまいません。

暢子は自分の得意料理を作ってほしいと言われたが、『アッラ・フォンターナ』がイタリア料理だったため”得意のイタリア料理”を作らなければいかないと勘違いをしてしまった。

さて、勘違いした暢子が作った料理は合格をもらえるのか……。

のりまき

沖縄から1人で上京してきた暢子だけど、見知らぬ街で頑張っている姿をみてると、本当に応援をしたくなってしまいます。やっぱり頑張っている人って輝いていますよね。

ナポリタンがイタリア料理だと勘違いしてしまうのは、この時代だから沖縄にはそういう情報は入ってこなかったのかもしれませんよね。

でも、さすが暢子!二ツ橋さんの一声でもらったチャンスをちゃんと掴み取るところは、家族の料理担当の維持ですよ。はい。

ドラマ「ちむどんどん」を見逃し配信で視聴する

ドラマ「ちむどんどん」は、U-NEXTにて見逃し配信されています。

U-NEXTは、31日間の無料お試し期間があり、お試し期間でも600円分のポイントがプレゼントでついてきます。

まずは31日間 無料トライアルをおすすめします。

配信サービス配信状況公式サイトへ
U-NEXT
U-NEXT
 31日間 お試し期間今すぐ視聴
NHKプラス
NHKプラス
 期間限定公式サイトへ
※2022年4月時点の情報です

日本最大級のビデオオンデマンド

動画を見るならU-NEXT

2022年の春ドラマ-他にもおすすめあります

朝ドラ「ちむどんどん」は、沖縄県の山原村(やんばるそん)に暮らす比嘉家の50年を追いかける物語です。沖縄の美しさや沖縄料理を観てると沖縄に行きたくなります。

ヒロインの暢子の笑顔もとっても可愛いいくて、応援したくなっちゃいます。

2022年の春ドラマは他にもたくさん楽しいドラマがあるので、ぜひ一覧から参考にしてください。

2022年春ドラマ一覧はこちらからどうぞ

2022年4月放送の春ドラマ一覧|あらすじ、主題歌、キャスト情報のまとめ【随時更新】2022年4月から放送される春ドラマの解説をしています。曜日毎に放送されるドラマのあらすじ、キャスト、主題歌など。ドラマが始まる前の予備知識としてご覧ください。好きな俳優さんや女優さんが出演するドラマがあれば、ぜひ読んで下さい。...